Couples May Refer

プロポーズするには指輪でないといけないのか

昔と今の婚約指輪への想い

結婚をしたいと思った相手には、婚約指輪を渡すという昔からのやり方があります。ですがそれは、昔のやり方です。もちろんそのやり方で婚約指輪を渡している人は大勢いますし、世界的に見ても多いです。相手に想いを伝えてその証拠として想いを形にした物を渡すというのは同じです。ですが、近年では、指輪ではない物を渡している人も増えています。その多くはネックレスやブレスレットなどの、やはり身につけるという面では変わらないものです。

相手の好きなものを選ぶ

また、相手だけではなくて二人でペアでつける何かを買って渡すという人もいます。ペアの指輪は結婚指輪であるので、それ以外のもので、人気なのはネックレスや時計などが多いです。そういう物であれば、仕事でつけていても差し支えないですし、気軽につけていられます。そういうファッション的な考えとしても人気になっているのです。もちろんまだまだ婚約指輪の方が圧倒的な人気がありますし、それを臨んでいる人は多いです。でもそうではない人も年々増えています。

婚約指輪の価値の捉え方

婚約指輪というのは、渡す側は一生懸命働いて稼いだお金や気持ちを相手に込めて渡しています。それだけの重みがあるものです。ですがそれは指輪でなくてもいいのです。渡される側が欲しいと思っているものに想いを込めて渡すので充分です。ずっとつけてくれていればそれだけで、渡した相手は嬉しいと思えます。それまでのプレゼントよりも少しだけ特別なそのプレゼントは、何であっても気持ちがあるので、金額やブランドは関係なく素敵なものなのです。

婚約指輪とは男性が結婚の約束を交わした女性に贈る指輪のことで、エンゲージリングとも呼ばれます。一般的にはダイヤモンドをメインの宝石に使います。